2016/10/22(土)14:13
テレビにラジオに大活躍の伊集院光さん。
むかし日曜午後のラジオ番組では小倉弘子アナに「お肉ちゃん」と、言われ放題でした。

近年行われたTBSラジオ深夜番組の記念イベントでは、出演したパーソナリティの中で伊集院さんへの拍手が一番盛大だったそうで、いつもサービス精神一杯の氏の人気ぶりがうかがえます。その伊集院さんは、自分の番組ではぜったいに休みをとらないと語っていました。

「ピンチヒッター」は指揮者や演劇の世界でもときおり見られます。有名なのは急病のブルーノ・ワルターの代役で急遽NYフィルを指揮、華々しく楽壇にレビューを果たした若き日のレナード・バーンスタインです。バーンスタインの才能をもってすれば頭角をあらわすのは時間の問題であったとは思いますが、まだ無名だった氏の劇的な登場はさぞや聴衆を熱狂させたことでしょう。

伊集院さんは、「ピンチヒッター」の評判がよかったために、休み明けからほどなくして番組を失ってしまった某有名お笑いタレント(MYさん)の実例をあげていたが、あらためてこの業界の競争の厳しさを思い知らされます。

そういえば荒川強啓さん、森本哲郎さん、生島ヒロシさん、野村邦丸さん、寺島尚正さん、そして忘れてならないのは「飛べサルバトール」の番組で、鳥居みゆきさんがわが「3つのオレンジへの恋」にやってきて、スタジオとで豪華ライブ中継をしてくれた吉田照美さん。それぞれ番組に名前を冠したパーソナリティが一週間の休みをとっている間、「ピンチヒッター」による放送は気が抜けたビールを飲まされているようだ。みなさん「間借り」で遠慮しているみたいな。

伊集院さんは、自ら売り物にしている〇〇キャラですが、その体重はいまは減量して1117キロ台に下がったようです(11月2日現在)。多忙な合間を縫ってサイクリングで関東の霊場など全国を飛び回っている、巨漢の氏が自転車に乗っている姿をちょっと見てみたい!。タイヤは特注なのだろうか?。

「伊集院の意地」・・・人一倍大きい生身の身体ですから、ケガや事故に気をつけて、ときには休みをとって末永く楽しませてほしいものです。

「3つのオレンジへの恋」もまた・・・。

(付記)
休まないアナウンサーといえばTBSの大澤悠里さんがいました。
長寿の名物番組だった「悠々ワイド」は、大きな病気をされた時以外お休みも取らず無遅刻で、毎週毎日30年間、朝8時半放送開始に備えて何時間も前からスタジオでスタンバイしていたといいい、真摯なご努力には本当に頭が下がりました。

売れっ子ゆえの多忙もあるでしょうが、、直前にバタバタと駆け込んで来たり、放送中に「運動」したりモグモグする生島さんは少し爪の垢を・・・(毎朝頑張っている生島さんのために)。

ホームカミングデーの日、大隈講堂で悠里さんのトーク会があったのですが、店の営業のために行くことができなかったのはちょっと残念。多くのお客様から「美味しかった」と言われたことはよかったのですが。



検索フォーム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

早稲田大学南門前のオムライス店・3つのオレンジへの恋のオーナーブログです。元商社マン、母校の地で第二の人生をはじめました。

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR