2016/12/26(月)11:02
ツアーの後半は「上伊那地域交流会」に参加させていただき、伊那の皆さんとの思い出が加わりました。

交流会第一部は、“曲がる 金属パイプ“のメーカー、三元ラセン管工業 高嶋 博社長の講演。大阪の会社ですが、地元伊那出身の社長は、「縁」あってこの会社にやってこられました。

予期せぬ「人生のめぐり合わせ」という点では、私が早稲田大学の地でオムライス店を開いたことにも合い通じ、高嶋社長のお話を興味深くお聞きしました。小さな町工場だった三元の先代社長が亡くなられたあと、幾多の危機・困難を乗り越え、ラセン管メーカーとして高い評価と他の追随をゆるさぬ地位を築きあげた高嶋社長は、数々の経営賞を獲得されました。

「商社」を介さずユーザーへ直接販売、拡大路線にはしらない堅実性、独自の技術で作り上げた優れた品質、人材育成につとめ社員を大切にする、経営者の高い倫理観など、昨年訪問させていただいた「かんてんパパ」伊那食品工業の塚本会長と共通するものを感じました。「伊那の人」の気風気質でしょうか。

第二部の、地元の方々とのビジネス交流会では、私も一言求められました。

商社に勤めた後、縁あって母校早稲田でオムライスの店を開いていること、偶然なのか、伊那市出身の文学部の女子学生が当店で4年間バイトで働いてくれたこと。彼女が珍しい姓であったことから、40名は集まったと思う出席者の中に、もしや知り合いや関係者がと、期待して尋ねてみました。同じ姓の方が一人おられたのですが、残念ながら親戚ではありませんでした。

また、伊那の観光大使あさみちゆきさんを、深夜のラジオ番組で偶然知って以来のファンであることを、私は嬉しい思いで披露し、あさみさんは絶対紅白歌合戦に出るべき歌手だ(NHKさん!)と大いに盛り上がりました。初対面のみなさんとの距離が一気に縮まったような気がします。


歴史と文化、食と自然と観光。

お酒も 蕎麦も お米も りんごも 寒天ゼリーも パンも 水も 美味しい。

有徳の経営者を輩出する土地柄。

二つのアルプスに守られ
地震台風など自然災害にはめっぽう強い

工場立地・物流拠点として
東京からも 中部・関西圏にも至便


「井の頭公園の歌姫」あさみちゆきさんは
ここ 「南アルプスの歌姫」でもある。
今年の「木枯らし」は「何号」吹いたことだろう。


伊那市への賛歌を捧げつつ、今回も早暁から深夜まで伊那・新宿間を往復でフルアテンドしていただいた、伊那市役所の竹中様、下島様、本当にありがとうございました。
高嶋社長さま、早速ご連絡を頂きましてありがとうございました。
                                    
                                            (以上、伊那編 完)

検索フォーム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

早稲田大学南門前のオムライス店・3つのオレンジへの恋のオーナーブログです。元商社マン、母校の地で第二の人生をはじめました。

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR