FC2ブログ
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/10/11(水)20:21
巨人の主力選手は太りすぎである。
美味しいものを腹いっぱい食べ過ぎて、走り込んでいないから、ケガも多い。
元巨人軍選手にして、ヤクルトスワローズや西武ライオンズを常勝チームに育て上げた広岡達朗さんならではの至言です。


私の子どもの頃は、スポーツ放送と言えばプロ野球か大相撲だった。
「何と申しましょうか」
野球解説者の小西得郎さんのこの名セリフを、こどもたちもマネをした。

たしかに昔の野球選手には、太った名選手はいなかったように思う。
今も映像に見る王選手の一本足打法の姿は芸術品で、惚れ惚れするほど全身が引き締まっている。
ミスター長嶋選手だってそうだったし、もちろん広岡さんも。

「さあ、ピッチャー○○、マウンド上で大きく振りかぶりました」
それがアナウンサーの常用句だった(今はふりかぶらない)。
金やん金田正一投手のフォームは全身がしなるようだった。南海の杉浦も、巨人の藤田も,中日の権藤も、大洋の秋山だってみんなそうだった。


鉄人稲尾投手はごっつかったが、筋肉質だった。中西太選手だって、決して今の太っちょ選手たちのようではなかった。
選手に求められるものが変わったのかもしれないが、広岡さんなら、昨今の松坂大輔には激怒だろう・・・晩節を飾ってもらいたいが。


私は小学生の時に、家から近い駒沢球場に、よく観戦に行きました。
ナイターの照明がほの暗かった、ローカル色漂う、東映フライヤーズの本拠地。

監督は名将水原 茂。
.あの張本さんも若手で、毒島、ケンカの山本(八)、主砲のひとり吉田勝豊、エースの土橋、怪童尾崎投手ら、鼻っぱしの強い個性派ぞろいだった。

試合が終わると、ユニフォーム姿で、シューズの金具をカチャカチャ言わせながら、近くの宿舎まで引き上げてゆく東映の選手を、記者が取材していました。
相撲取りの身体をポンポン叩くように、オジサンたちは、歩いている選手の背中や腰の辺りを、結構気安く触っていた。私も一度マネをして、吉田(勝)選手の背中を軽くポンポンすると、鍛えられた身体を感じましたが、今の選手のように全体が太くて、大きな選手という印象はなかったように思いました。みんな、不自然に大きくもなく、自然な身体つきをしていました。

大リーガーの体格は別人種のようだから、日本選手が大型化したい気持ちは分かるが、イチロー選手や上原投手を見ていると、ちょっとホッとする。

もう30年以上前になるが、アメリカのスポーツ記事で、日本の野球選手は元相撲レスラーで、江夏はマウンドに登ると、準備運動で土俵入りをするのだと紹介されていた。ジョークとしてはなかなか面白いが、最近、大リーグ投手に超ド級の相撲出身者(!?)がいるのを見かけてしまった。

日本シリーズは、首位チーム同士で戦わせてあげたいが、映画「七人の侍」の雨中の決戦のようだった、先日の甲子園の闘いは凄かった。

さて、来年の巨人は「スリムクラブ」になっているだろうか?。


スポンサーサイト
検索フォーム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

早稲田大学南門前のオムライス店・3つのオレンジへの恋のオーナーブログです。元商社マン、母校の地で第二の人生をはじめました。

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。