2017/08/14(月)15:10
野球で複数安打を放つことをマルチヒットと呼んでいますが、最近私が目にしたり体験する出来事や事象は「単発」ではなく、何かがどこかで繋がっているように思えるのです。


「八海山」といえば、新潟の清酒があまりにも有名ですが、私は山の名を知ってはいたものの、その姿かたちは知りませんでした。

今年に入ってから「3つのオレンジへの恋」に見えるようになった、元 山男の石田 亘さんから、「つむじまがりの山登り」という大変立派な装丁の著書をいただきました。氏の集大成ともいうべき山岳紀行文と随筆集ですが、本の外装・顔であるケースの写真は、青空の下、白銀の雪が美しく映える山の写真・・・それが八海山でした。


「つむじまがりの山登り」の中に、山をやめた理由のひとつに「ジャズ演奏に時間をとられるから」とあり、意味がわからないまま読み過ごしていましたが、ひょんなことから、石田さんが実はジャズメンでもあることが分かりました。


以前、私が商社の不動産開発部門で、浅草に関わる仕事をしていたときに、時々訪れていたパブがありました。そこは、浅草おかみさん会会長の富永照子さん(当時)が、飛ぶ鳥を落とす勢いだったダイエーの中内 功さんに経営させた店で、ジャズ演奏のライブが楽しめます。石田さんはそこで演奏をしたことがあるそうで、まさかまさかの「浅草のジャズつながり」でした。


もうひとつ浅草といえば「BS NHK」で、「(花の?)百名山」の一つ、浅草岳を取り上げていました。

浅草岳という山は名前も知らなかったのですが、石田さんが著書の中で唯一2度取り上げた山だったのを思い出し、急遽録画して、石田さんにDVDを見ていただきました。石田さんが登ったのは厳しい雪山でしたが、BS放送の浅草岳は長閑な初夏で可憐な高山植物が咲く、別の山のようだったことでしょう。



興味深く見たのが、日本列島誕生の奇跡を紹介する、NHKスペシャル 「列島誕生・ジオジャパン」。

「第2週」では、列島の隆起・生成の事例として、数ある山々の中から八海山が取り上げられ、その生い立ちや山容の一部を目にすることができました。その番組の中に、短い時間ではあったが、私の高校の同級生で、中央大学の地学教授 大内俊二君の姿がありました。

高山は風雪・降雨に浸食されて標高が低くなってゆくはずだが、高さが変わらないでいるのは、隆起する力とのバランスによるものだという理論は腑に落ちました。

風雨の浸食の実験をする大内教授のシーンや理論は、もっと時間をとって放送してほしかったが、人気者とはいえ劇団ひとりと指原莉乃さんの場面が長い。それでもわが大内教授は、偉そうな学者風でなく、そこいらのおやじが砂遊びをしているように思ってもらえればいいんだと。

都立大学付属高校で私が所属していた美術研究部・美術室の隣には、若き日の「教授」がいた機械技術研究会(実は模型鉄道部なのだとか)の部室がひっそりとありました。「美研」には男女多数の部員がいましたが、「機研」の方は部の存在も知られないほどの、ほんの数人の男子しかいなかったと思います。


一見ぶっきらぼうそうな彼とは1年のときはクラスが違ったので、言葉を交わす機会がなかったが、彼の前を通りかかる私に目をやりながら、ひとり部室の外で長身をかがめ、黙々と自転車の整備をしていたものでした。
「ジオジャパン」の映像は短かかったが、「砂と遊ぶ」大内君の顔は、あのときと一緒でした。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://3orangelove.blog133.fc2.com/tb.php/367-64c24f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
検索フォーム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

早稲田大学南門前のオムライス店・3つのオレンジへの恋のオーナーブログです。元商社マン、母校の地で第二の人生をはじめました。

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR