--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/02/20(火)13:23
小二の孫(女の子)の「習字」(硬筆)が展示されたというので、会場の区立美術館に駆けつけてきました。
区内にある小・中学校の作品展で、学校ごとに、各学年から選抜された習字・絵画・工芸品などの作品が展示されていました。

私もかつては小中高で美術部に所属、もう筆運びも忘れてしまいましたが書道塾に通ったことも━━孫と同じ経験をした(毛筆部門?)、小学校時代の記憶がかすかに蘇ってきました。
絵画教室で習っているのだろうか、この日は小学生の絵画部門・写生の出来栄えに感心させられ、また毛筆作品のなんと清々しかったことか━━。

私のころには抽象画を描くといってもどう描いたらよいのか困惑したものだが、のびのび自由な発想で描かれた作品を見ていると、いまはポスター画像・映像・デザイン等身のまわりにいくらでもお手本があるからと、少々ひねくれた思いも過りました。

いずれにしても習字・絵画・造型などの展示作品は、歌唱・演奏・演技などのパフォーマンスと違ってハラハラドキドキがないのが身内にとって幸いです。


私は大いに異論があるのですが、かつて大学の同級生が「書道の授業は手本通りにマネするだけだからまったく意味がない」と暴論を吐いたことがありました。この日の小学生の毛筆作品は、筆の勢いや筆遣い・バランスなどそれぞれに個性が感じられるものでした。

かく言いつつ、これはわたしの考え違いかもしれませんが、より実用的な硬筆習字については、ともすれば点線のお手本をなぞった字体の追求に終わるような気がするのです。
この日、決してお手本通りとはいえないが、何だか気恥ずかしそうに、それでもふんばっている孫の「硬筆作品」は、まるで本人を見ているような気がしたものです。

なかよく遊んでいたかと思うと、すぐにきょうだいゲンカを始めそうな、こどもらしい文字でした。


━━大学の入試期間も残すところあと3日になりました。

早稲田「3つのオレンジへの恋」の個性的な特製オムや冬の石焼きオムそして絶品のブリュレなどは、それぞれ一期一会の作品です。
思えば、お気に入りの料理・デザートほど儚ない「芸術」はないのかもしれません。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://3orangelove.blog133.fc2.com/tb.php/385-b8956fbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
検索フォーム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

早稲田大学南門前のオムライス店・3つのオレンジへの恋のオーナーブログです。元商社マン、母校の地で第二の人生をはじめました。

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。