2018/05/04(金)18:45
もはや私の記憶容量をはるかに上回る来訪と接客が続きますが、駆けつけて下さる一人ひとりが、「3つのオレンジへの恋」にとって大切なみなさんです。

早稲田大学応援部元チアリーダーで、私が「精華のひと」と名付けたAさん(旧姓)は2012年春の卒業。
高校生の時に、オープンキャンパスで早稲田大学チアリーダーの演技を見て感激、自らチアになる夢を抱いて見事に実現したのです。

卒業後、今度は医師を目指して某大学医学部で学んでおられたが、最近、晴れの白衣授与式が行われたとのことでした。
それが医学部生にとってとても神聖で重い意味をもつことは、医療の世界にはまったく疎い私にもうかがい知れます。

ときおり「3つのオレンジへの恋」に、チア在籍時と変わらない若々しいお顔を見せてくれ、昨年春にはよき伴侶と結ばれて、私たち夫婦も二次会に参列させていただいたばかり。

医学部に入ってからもう5年も経ったのか・・・。
間もなく若い女医先生の誕生です。
この日一緒にいらしたご両親同様、私も感無量です。

Aさんご本人が、4年生の「最後のチアステージ」パンフレットに書いていましたが、大勢のひとの前で、常に危険を伴う激しい動作演技を、笑顔で行う応援部「チア」をまっとうするには、並大抵の努力では務まりません。猛練習後、疲れ切って終電車を乗り越し、お母さんによる車の出迎えもたびたび・・・。

彼女が寄せた一文によって、チアの日々の活動が、厳しい鍛錬はもとより、チームワークと、さらに家族の愛にも支えられた、文字通り汗と涙の結晶であったことをあらためて知りました。

私が知る限り、パンフに「チアの4年間」のことを書かれた部員は、ほかの誰よりも「3つのオレンジへの恋」に真直ぐな思いを寄せてくれたこのAさんだけです。「チアの真実」を率直に認(したた)めてくれたAさんは、日頃、拙文に腐心している私にとっていっそう嬉しい存在になりました。

卒業式の日には、「3つのオレンジへの恋」に見えたAさん親子を、私は涙で見送ったものでした。


先日、ブログ(3月22日付 「護られていたんだ」)に書いたのですが、私が早稲田の学生時代に小田急線内で遭遇した、”高名な占いの先生“が、知らなかった自分のこと、とくに守護霊の存在を教えてくれたことがありました。Aさんが同じ沿線の、かつて私が利用していた駅の隣接地域に新居を構えたことも何かの縁、吉兆を暗示しているのだと思います。

私には特別な零能力はありませんが、彼女も、きっと強い力で護られているはずです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://3orangelove.blog133.fc2.com/tb.php/392-1c284dcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
検索フォーム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

早稲田大学南門前のオムライス店・3つのオレンジへの恋のオーナーブログです。元商社マン、母校の地で第二の人生をはじめました。

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR