2017/08/02(水)14:17
BSテレビで珍しく秋田県の岩舘海岸が放送されました。
小学校3年から5年までの夏休み、両親の出身地である能代市の伯母夫婦の家に行った際に、海水浴に出かけた海です。

初めて上野駅から乗った夜行寝台列車・・・蒸気機関車はたしか最初の年だけ。当時、三等車(二等車?)は冷房がなく、トンネルに入るとあわてて窓を閉めるものの、開け放した車窓からの風は気持ちよく、ときおり聞こえてくる蒸気音や旅情をかき立てる汽笛の音。ゆっくりゆっくり加速してゆくさま。朝になれば乗務員の手によって奇術のように寝台が客席に変わり、どこまでも続く緑の田園風景は優しかった。

客席で汗を流しながらも、ままごとセットのような、注ぎ口のついた陶器製の容器に入った冷たくないお茶を飲み、冷凍ミカンや最中アイスが食べられる蒸気機関車の旅は、一つ一つが夢のような出来事でした。


やがて機関車は電化(ジーゼル化?)されましたが、東能代駅から岩舘駅へ行く五能線はもうしばらくの間、蒸気機関車が頑張っていました。
機関車に連結された客車はたいていは2両で、ときには客車の半分は貨物用であったり、たった1両のときもありました。しかしながら、線路の両側に樹木が迫り、民家の庭先や軒先のようなところを、思い切り汽笛を鳴らし、蒸気や煙を吐きながら機関車が疾走する迫力は強烈でした。いくつものトンネルをくぐると“鰰(はたはた)”八森の、そして岩舘の海が見えてくるのでした。

海水浴場といっても岩舘は名前通りフナムシの多い岩場だらけで、休むにも平らな場所がなく、岩に腰を下ろして休むことしかできないのがつらかったが、潮だまりには取り残された魚が泳ぎ、ヤドカリや小さなカニやエビ・イソギンチャク・ウニ、図鑑で見たウミウシもいて、まるで小さな水族館でした。

まだ泳げなかったので浮輪を浮かべて遊んだ岩舘の海岸は、夏休み最良の思い出の一つでした。

この日のテレビの映像では、岩場の一部に人口の手が加えられ平らなスペースになっていましたが、青く透明な海と海岸の岩場の景色は、私たちが憩ったあのころを十分に思いださせてくれました。


今年の夏、息子夫婦が3人の孫と秋川渓谷に遊びに行き、楽しんだようです。
一番上の孫の男の子は、私が能代に行っていたころと同じ小学校の4年生。
いつか夏休みに五能線の汽車に乗せて、あの岩舘の海に連れて行くことができたら、どんなに喜ぶことだろうか。

2017/07/27(木)13:57
福岡からきたという若い二人の女子。
ひとりは以前、テレビ番組の収録で来られた菊地亜美さんをさらに可愛くしたようでした。なかなか雨が止まなかったこの日、原宿に行った後に回ると言っていた東京タワーの眺望は、彼女たちに微笑んだだろうか。

「3つのオレンジへの恋」には、「オムライスの美味しい店」のネットランキングを見てやってきてくれたそうです。どんな記事だったのか・・・何はともあれ遠路からの、可愛くセンスのよいこの二人・・・「上質な東京」を代表すると言ってよい「原宿」「東京タワー」と並べていただいたことは、とても光栄です。

福岡に戻ってから、楽しく美味しかった思い出を、是非ネットで発信してください。

ちょっと嬉しかった「3つのオレンジへの恋」でした。

なお7月31日(月)は臨時で お休み させていただきますのでよろしくお願いいたします。

2017/07/15(土)14:07
「ここで笑わんと笑うとこないよ」
「我々の漫才は油断してると笑うとこないからね」

お馴染、酒井くにお・とおる 兄弟漫才のセリフです。


━━久々に訪れた夕刻の銀座。
たまたまだったのか、歩道にあふれかえる観光客も、路上に列をなす観光バスも見当たらず、街は整然とした品の良い佇まいをみせていました。

1年前に亡くなった母はドライブが好きで、最晩年に・・・もう乗り降りも難しかったが・・・私は車でどこに行きたい?と尋ねました。父や母の愛情に包まれて育った、世田谷の官舎があった地名を言ってほしいと期待しましたが、母は銀座を見たいと言ったのでした。この日の美しい銀座の街並みを見せてあげたかった・・・。


この日、私が銀座を訪れたのは、観世会荒磯能の講座を聴講するためでした。
真新しいGINZA SIXビル地下3階に移築された観世能楽堂の何と立派なことか。

観世 清和 二十六世宗家により、渋谷松濤にあった能楽堂を解体し、銀座に復元移設するまでの過程を説明していただきました。伊勢神宮や出雲・春日の大社など由緒ある建築物同様、釘を1本も使わない能楽堂建物をいったん解体して、信州の外気の通う倉にて保管。通気のよい和紙に包んだことも資材の保存上とても効果があったとのことでした。日本古来の宮大工や専門の職人たちの英知と技術を結集し、幾多の困難を克服して無事完成に結びつけたそうです。

全体の施工監理は鹿島建設でしたが、後になって、音響効果を高めるためホール壁面に木材を設置したり、舞台を照らすためのスポット照明などが必要となり、当初なかった追加工事の費用は全部こちらが払う羽目になったと、会場を笑わせました。


この日、短いはずであった宗家のお話は大きく時間が延びたのですが、端正なお着物袴姿は終始涼し気でした。

客席はクーラーがよく効いていて寒いくらでしたが、舞台上は照明の熱で相当な暑さなのだそうです。しかし、鍛え抜かれている宗家は汗の一粒もお顔に滲ませることなく、おそらくお着物の下は、引き締まった強靭な身体であられることでしょう。宗家は自宅では、クーラーは使っていないそうで、「心頭滅却すれば・・・」を実践なさっておられるのです。

演者の一人が舞台上で何度も顔の汗を拭って宗家から、おしかりを受けていましたが、私も親譲りの大汗かきで他人ごとではありませんでした。


「基本」の大切さは何度も繰り返されました。
しかしさらに「内面性」が大事で、「木偶の棒」であってはどうしようもない、お客だって然りである。
初めは何気ない語りだと思って聞いていると、ときには鋭い舌鋒が、観客である我々にも突然容赦なく迫ってくるのです。


宗家のお言葉の意味は深くて、まさに金言・至言のオンパレードでした。


漫才の「とおるちゃん!」は、うっかりしていると笑うところがないが、宗家の言葉は一瞬寸分の隙もなく、うっかりすると聞き損ねてしまうほどの情報量の多さ、質の高さでした。

そして「班女」と「雷電」の二曲について、跡見学園女子大准教授 横山太郎氏の行き届いた解説,,

日本伝統芸術の奥深さに感じ入った一日。
束の間、幽玄の能世界に触れさせていただきました。


2017/07/06(木)14:28

「七夕」のように年一度、「3つのオレンジへの恋」で集う会があります。
県立 宮城野高校(仙台市)の卒業生が、山上隆司先生を囲む「宮城野・東京会」で、全15回のうち10回が当店で開かれました。

これまで引っ張ってこられた山上先生が定年を迎えられ、今年で最終となりましたが、先生所縁の秋保温泉名産の可愛らしい「夫婦」や「招き猫」のこけし、花束まで頂くとは思いませんでした。感謝の気持ちでいっぱいですが、来年からこの会はないのだという実感がいよいよ迫ってくるのでした。

山上先生は、この日に合わせて「会」の歴史を「『宮城野・東京会 』 を たどる」という冊子にまとめられました。
私も分けていただきましたが、いつも「会」の手配をされ、最後に「まとめ」まで作っていただいた教え子たちは、何と倖せなことかと思います(先生凄い!)。HPやブログに、私が書いた拙文も載せていただいており恐縮しております。

山上先生の教え子だったりこちゃんが、早稲田の教育学部を受験した日、気さくで楽しいお母さんが「3つのオレンジへの恋」にこられて、家内とすっかりお友達になってしまいました。試験が終わってやってきたりこちゃんは、よい子揃いの当店歴代バイトのなかでも、指折りの子で、こうして「宮城野高」とのお付き合いが始まったのです。


2006年から「3つのオレンジへの恋」で開かれるようになりましたが、年次の異なる卒業生たちが集うのは、ひとえに山上先生の素朴で温かなお人柄によるもの。

参加者は女子が圧倒的に多いのですが、それぞれが悩みを含め、時には涙を流しながら近況を率直に語ることができるのは、先生の「倫理」の授業のなかで作り上げた「テオーリア」の賜物でしょう。

会の中にあって、つねに女性ならではの優しさと品格を醸しだされている山路先生は、宮城野高校にはわずか2年の在任だったそうですが、参加者も私達夫婦も、先生とお会いすることができてよかったと思っています。

看護師、役者、ホテル勤務、飲食店勤務、翻訳の世界に進んだ人・・・多士歳々です。りこちゃんもよき伴侶と巡り合われた。

何年か前、悩みながら早稲田の文学部を中退してしまった女子のことが気にかかりますが、「3つのオレンジへの恋」でお会いできた山上先生と山路先生と、教え子である皆さん方のこれからに幸多かれと祈ります。

山上先生、心に残る会を長い間本当にありがとうございました。

最近ではそれぞれ親を見送る辛い年もありましたが、初めての2006年から11年という歳月が流れていたのですね。



2017/07/01(土)12:36
とある日の事でした。

バス通りを歩いていた私のすぐ横を、6~7名の小学生が勢いよく走って追い越してゆきました。一人は自転車で、ほかは「風の子」のように。

元気だなあ!。

石けり、縄跳び、かくれんぼ、鬼ごっこ、馬乗り、チャンバラごっこ・・・・・テレビもゲームもなく、ひたすら屋外で遊び回った、自分の子ども時代を思い出してつい微笑んでしまいました。

子どもたちの動きを追うと、そこにあった自販機の前でピタッと止まって、まずつり銭口に指をやり、数名は腹這いになると、地面との間のすき間を覗き込み、慣れた様子で手や腕を伸ばして「戦利品」の有無を確かめていました。

「ないや。次は〇〇へ行こう!」

先輩格らしいこどももあとから自転車でやってきて、再び次の「獲物」を目指して走り去ってゆきました。
かれらは別に貧しい姿恰好をしているわけではなく、不良性も感じられず、ごくごく普通の子供のように見えました。 明るいたくましさがあって、女子もいるそのグループにイジメの気配はまったく感じられなかったので、安心しました。

私がかれらと同じ年頃には、「砂鉄を集めると高く売れるらしい」という噂に踊らされ、馬蹄形の磁石に紐をつけて地面を引きずって集めたものでしたが、結局は地面にばら撒いたり、砂場行きになったものでした。

昭和の戦後も遠くなりつつありますが、どうやら巷では、昭和を感じるオジサン三遊亭小遊三師匠の「弟子」が立派に育っているようです。


検索フォーム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

早稲田大学南門前のオムライス店・3つのオレンジへの恋のオーナーブログです。元商社マン、母校の地で第二の人生をはじめました。

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR