2017/12/18(月)19:14
早稲田大学に近いという恩恵にあずかり、ここ数年、大学在校時には味わえなかった芸術・文化・歴史の香りに触れさせていただけていることは、大きな喜びです。

先日は、早稲田大学ICC主催のトークセッションで、指揮者広上淳一さんのお話を聞くことができました。
テレビ番組で、広上さんの情熱的な音楽活動の一端を拝見したことはありましたが、今回は、間近かの距離で氏の謦咳に接し、至福のひとときを過ごすことができました。合間には、東京音楽大学女子学生による、まことにエレガントな、サキソフォン四重奏の生演奏を楽しませていただくという「豪華版」です。サックス四重奏の魅力、奥深さを教えてもらいました。

言うまでもなく広上淳一さんといえば、日本ではコバケンこと小林研一郎さんと双璧をなすカリスマ指揮者です。

残念ながら私はまだ広上さんの演奏を体験していませんが、広上さんが、かつて日本フィルハーモニー交響楽団を常任指揮していたとき、愛読していた「レコード芸術」誌に、ファンから熱烈な支持が寄せられていたことを、いまもはっきりと覚えています。

熱血ぶりから、往年の大指揮者トスカニーニのように「気難しくて恐いひと」ではないかと思っていました。
その広上さんが、中学生の頃には桜田淳子さんの追っかけをしていたとのことで、「そうでしたか」と、つい微笑んでしまいましたが(私は氏より年長ですが「百恵派」でした)、「フツーの少年」が後年、指揮界の天才・鬼才に至るという、人生の不思議・天命を感じました。

氏の父上がNHK勤務のため、転勤が多く、小学校・中学校では転校を重ね、随分苦労され、成績も落ちてゆく一方だったそうですが、中学や高校時代に、手を差し伸べてくれたよき師に出会えたことで、音楽への道が開けたそうです。

お父さんの関係で、幼いころからお母さんと一緒にN響コンサートを聴く機会に恵まれたそうで、私も、母がまだ幼い私を日比谷公会堂などに連れて行ってくれたことを、思いだしました。貝谷八重子さんや松山バレー団を見に行ったことも覚えています。

広上さんは小柄ですが、身長の話題になったとき、さばさばと、カラヤンもバーンスタインも、氏とさほど変わらないと聞かされました。カラヤンはそれほど大きくはないと思いましたが、バーンスタインはもっと大きいと思っていたので、意外でした

世界や日本のオケを指揮し、育て上げてたこられた経験や苦い体験も踏まえて、いまでは、適度の距離感をとりながら、厳しくも、熱い愛情を注いで指導されているとお聞きしました。

以前にも書いたのですが、指揮者といえば、映画監督、プロ野球の監督と並んで、男がやってみたい三大職業と言われます。
「題名のない音楽会」でも、ときどき素人指揮者の回があって、結構うまい人もふえてきました。でも違う!のです。

私も憧れますが、練達を極めたオーケストラ奏者の前に立つことはとても恐ろしいことで、指揮者の技量・能力はすぐに見破られてしまうと思いました。
たしか広上さんも、オーケストラの前に立つのは、宮本武蔵を相手にするようだと仰っていました。
あの「ヒロガミ」にしてです。

若い頃には挫折を味わったが、音楽界に導いてくれた二人の師との出会いがあり、そして指揮者になることに反対だったお父さんとの約束を果たすため必死で頑張り、ときには幸運を味方につけながら、音楽界で確固たる地位を築いてこられた広上淳一さん。
その生き方は、不登校やいじめに悩む生徒たちにも大いに希望と勇気を与えてくれるに違いありません。


(余談)
聴衆4~50人のこじんまりとした会場でしたが、折りたたみイス席の配置が悪く、最後部からは、前の人の頭、頭しか見えず、、至近の席で話されている広上さんのお顔や、サキソフォン奏者の演奏ぶりが見えなかったのは、ちょっと残念でした。

広上さんは、時々学生さんとも飲む機会があるそうですが、この日は、打ち上げでもあったのかしら(音楽評論家 吉田秀和さんの口癖)。
あったとしたらもぐりこんで(もちろん会費は払います!)、グラスを片手に言葉を交わさせていただきたかった!。
これからは広上さんのコンサートが楽しみです。

2017/11/01(水)13:04
ソフトバンクの選手を見ていて、守備のよさに驚きました。
ライン際の難しい打球も、絶対セーフだろうと思った内野の深い打球も、見事にさばいてアウトにしていました。
美味い物を喰い過ぎ、鍛え方もたりない巨人の選手を手厳しく批判していた、広岡達朗さんの至言を思い出しました。

われわれが、こどものころの野球選手がそうでしたが、ソフトバンクには、「太型(ふとがた)」の選手がいないように思いました━━━西部ライオンズの選手時代に、広岡さんの薫陶を受けた工藤監督のことですから、きっと・・・。

以前、広岡さんの講演をお聞きしたことがありますが、髪の長さ・身だしなみから食事、私生活に至るまで、選手管理の徹底した厳しさがうかがえ、常勝チームにはわけがあるのだと思いました。

プロ野球選手は、たとえ太目に見えても、鍛えているからと思っていましたが、松田選手や内川選手を見ていると、プロ野球の選手もやはりアスリートだと思わざるを得ません。唸らずにいられないプレーやゲーム運びは、受け継がれた「広岡流」猛練習の賜物なのでしょう。

ところ変わって政治の世界では、「民主党」・「希望」の「三日」殿下、自分ならできるの「二股願望」、その他の野党も、どこも、経費の水増し不正請求に、セクハラ・パワハラ、「(ダブル)不倫」の「王様」から「女王様」まで、悪のオンパレード。

政治家になるぐらいだから、なるほど、批判するだけはかんたんです(私だってそうなのですが・・・)。
それにつけても、税金をたらふく食い物にしている、最近の政党・政治家の質の悪さには、もはや言うセリフもありません。
鉄鋼メーカや自動車メーカーもさることながら、政治家よ、襟を正せ!身を正せ!
選挙に通ったからといって、禊はすんでいない!

こんな連中でも、広岡さんに、厳しくしごいてもらったら「優勝」できるのかと・・・。


2017/10/11(水)20:21
巨人の主力選手は太りすぎである。
美味しいものを腹いっぱい食べ過ぎて、走り込んでいないから、ケガも多い。
元巨人軍選手にして、ヤクルトスワローズや西武ライオンズを常勝チームに育て上げた広岡達朗さんならではの至言です。


私の子どもの頃は、スポーツ放送と言えばプロ野球か大相撲だった。
「何と申しましょうか」
野球解説者の小西得郎さんのこの名セリフを、こどもたちもマネをした。

たしかに昔の野球選手には、太った名選手はいなかったように思う。
今も映像に見る王選手の一本足打法の姿は芸術品で、惚れ惚れするほど全身が引き締まっている。
ミスター長嶋選手だってそうだったし、もちろん広岡さんも。

「さあ、ピッチャー○○、マウンド上で大きく振りかぶりました」
それがアナウンサーの常用句だった(今はふりかぶらない)。
金やん金田正一投手のフォームは全身がしなるようだった。南海の杉浦も、巨人の藤田も,中日の権藤も、大洋の秋山だってみんなそうだった。


鉄人稲尾投手はごっつかったが、筋肉質だった。中西太選手だって、決して今の太っちょ選手たちのようではなかった。
選手に求められるものが変わったのかもしれないが、広岡さんなら、昨今の松坂大輔には激怒だろう・・・晩節を飾ってもらいたいが。


私は小学生の時に、家から近い駒沢球場に、よく観戦に行きました。
ナイターの照明がほの暗かった、ローカル色漂う、東映フライヤーズの本拠地。

監督は名将水原 茂。
.あの張本さんも若手で、毒島、ケンカの山本(八)、主砲のひとり吉田勝豊、エースの土橋、怪童尾崎投手ら、鼻っぱしの強い個性派ぞろいだった。

試合が終わると、ユニフォーム姿で、シューズの金具をカチャカチャ言わせながら、近くの宿舎まで引き上げてゆく東映の選手を、記者が取材していました。
相撲取りの身体をポンポン叩くように、オジサンたちは、歩いている選手の背中や腰の辺りを、結構気安く触っていた。私も一度マネをして、吉田(勝)選手の背中を軽くポンポンすると、鍛えられた身体を感じましたが、今の選手のように全体が太くて、大きな選手という印象はなかったように思いました。みんな、不自然に大きくもなく、自然な身体つきをしていました。

大リーガーの体格は別人種のようだから、日本選手が大型化したい気持ちは分かるが、イチロー選手や上原投手を見ていると、ちょっとホッとする。

もう30年以上前になるが、アメリカのスポーツ記事で、日本の野球選手は元相撲レスラーで、江夏はマウンドに登ると、準備運動で土俵入りをするのだと紹介されていた。ジョークとしてはなかなか面白いが、最近、大リーグ投手に超ド級の相撲出身者(!?)がいるのを見かけてしまった。

日本シリーズは、首位チーム同士で戦わせてあげたいが、映画「七人の侍」の雨中の決戦のようだった、先日の甲子園の闘いは凄かった。

さて、来年の巨人は「スリムクラブ」になっているだろうか?。


2017/09/28(木)12:04
もううんざり
食傷

できては壊し
作っては消え

数えるのも馬鹿らしい
とくにあの新党

宇宙人の元総理・代表
いまなおおそまつ千万

原発事故では専門ぶって
無責任まきちらした男

連日の事故報道姿 
ちゃっかり公費で

購入していたのは
あの高額ジャンパー


他党にはあれほど追求した
事故会議の「議事録」がない

後世に残すべき重大リスク対処
発言行動の責任逃れだ


議員はおろか
代表さえ 顔も名も知らぬ

個々の主義主張
意見言えぬは

情報統制 かん口令!?
あの国と同じじゃないか

「〇〇ファースト」
きみたちは一体何者なのか

何もせぬうち
国政に鞍替えだと!

築地と豊洲
都政と国勢

ふたまた 乗り換え
自由気まま

「リセット」に悄然 
お察しします 元検事 


ドロ船から逃げ出した阿呆
逃げ出せぬ阿呆

なりふり構わず
すがりついた先は

ご立派!
新党という悪党

数年後が楽しみ
乞うご期待

新党を
作ってはいけないと

決して言っている
わけはではありません

政治家なら誰でもかかる
やっかいな病なのですから

2番じゃダメなんです
「女性初」がいいんです


2017/09/19(火)17:41
実に意外なニュースでしたが、三重大学の人文学部では、「忍者・忍術学講座」が開講されたとのこと。三重大が近ければ、教室に「忍び」入りたいものです。

私がこどものころ、古典的な「真田十勇士」ものの小説やマンガは人気で、なかでも漫画家 杉浦 茂さんのユーモラスな画風による、猿飛佐助、霧隠れ才蔵、服部半蔵、児雷也などの忍者は人気でした。

こどもたちは、忍者に憧れて頭を手拭いで覆い、ドロドロと言いながら、ときにはたき火の煙の向こうから、「巻物」を口にくわえて印を切ったものでした。水の上を歩く「水ぐもの術」は^プールや川で、竹筒を咥えた「水とんの術」を風呂でまねしたが、うまくいかなかった。


いまの時代も、忍者ショーは、来日外国人に大人気だというのに、ただいま「全国的に忍者不足」なのだそうです。一人前になるのに5年間はかかるという、忍者の修業が厳しいのが理由。


全国に10あるというテーマパークでは、それでなくても不足している忍者が、舞台の裏方まで、一人で何役もこなさなければならない。
とりあげたニュース番組の中では、25歳の若い女性が挑戦していましたが、頼もしい限りで、頑張ってほしいものです。


忍者といえば、忍びの者。
気配を消し去ることは、重要で必要な能力です。体臭を消すためには汗をかかないことも不可欠で、忍者はネギやニンニクなど、臭いの強い食物は決して摂らなかったとか。

ことしの夏、銀座の最新鋭のビル内に移築された、観世能学堂の能舞台を拝見いたした際のこと。
鍛錬された観世宗家は、熱いライトに照らされても、お顔に汗の一つもかかれない。

10数名の、一門のみなさんは、身をかがめて出入りしなければならない、にじり口から音もなく、わき立つようにして舞台に現われるや否や、美しい配置をつくり、正座しました。
演じ終ると、再び、整然ともの音一つ立てることなく、あっという間に全員が、あの狭いにじり口から流れるようにして姿を消していったのです。


舞台に現れ、演じたあの集団は幻であったのかと思えたほど、気配を消していたのです(と、私には思えました)。
「無」の世界・・・。
欧米の芸術にはないものだと思います。

果たして「能楽」の芸術と、「忍び」の武術のたしなみには、共通するものがあるものか。

そろそろ秋の気配。
やはり三重大学に、「表口」から忍び入りたい・・・。


夏の終わり、今週、「3つのオレンジへの恋」は、お休みいたします。



検索フォーム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

早稲田大学南門前のオムライス店・3つのオレンジへの恋のオーナーブログです。元商社マン、母校の地で第二の人生をはじめました。

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR